十の休

めも
<< 映画 | main | 映画 >>
読んだ本
前回から
「スノーボール・アース」(ガブリエル・ウォーカー、ハヤカワ文庫)
「三毛猫ホームズの暗闇」(赤川次郎、角川文庫)
「MM9」(山本弘、創元SF文庫)
「雲上都市の大冒険」(山口芳宏、創元推理文庫)
「髪結い伊三次捕物余話 幻の声」(宇江佐真理、文春文庫)
「三毛猫ホームズの最後の審判」(赤川次郎、角川文庫)
「性と暴力のアメリカ」(鈴木透、中公新書)
「髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ」(宇江佐真理、文春文庫)
「キャベツ」(石井睦美、講談社文庫)
「世界の果ての庭」(西崎憲、創元SF文庫)
「世界を変えた10冊の本」(池上彰、文春文庫)
「幻想建築術」(篠田真由美、PHP文芸文庫)
「12番目のカード 上下」(ジェフリー・ディーヴァー、文春文庫)
「模倣の殺意」(中町信、創元推理文庫)
「永遠の夜 上下」(ギレルモ・デル・トロ&チャック・ホーガン、ハヤカワ文庫)
「日本猟奇史 大正・昭和篇」(富岡直方、図書刊行会)
「アカデミー賞」(川本三郎、中公新書)
「鼠、狸囃子に踊る」(赤川次郎、角川文庫)
「雑食映画ガイド」(町山智浩、柳下毅一郎、ギンティ小林、双葉社)
「怪獣学」(カンゼン)
「アメリカのめっちゃスゴい女性たち」(町山智浩、マガジンハウス)

水無月のためにいくつか読んだことのないジャンルの読んだことのない人の本を読みました。まあね、そりゃそうなんですけど、読み続けているジャンル、読み続けている人にはそうする理由があり、そうでない人にはそうでない理由があるものなんですよね。出会うタイミングはありますが。数冊を読んだ結論では、児童文学作家さんの本は合わないような気がするってことです。たまたまかもしれないけど。
 
| itotent | | 17:29 | - | - | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ